車総合的判断で査定される

車の査定をお願いするときに知っておくべきこと

車を売りたいときには、どのようにしたら高く売れるか?ということを考える人は少なくないでしょう。それは、中古車といえど車は車、家の次に高い買い物といわれている高額商品であるので当然のことでしょう。ここでは車を売るときに少しでも得できるよう査定方法の種類をまとめましたので参考にしていただけれ幸いです。

車の査定はたくさんの業者に依頼すべき!

車を売りたい、と思ったときはまずは見積で査定をお願いするようにしましょう。車がいくらで売れるかはその車の年式や走行距離、人気モデルであるかどうか、傷等があるか、事故車かどうか、等いろいろな要素で決まりますが、だからといってその内容によってどの業者でも査定価格は一緒になるわけではありません。査定業者によって重要とする項目が異なる場合があり、例えば年式よりも実際に車が今後長く使えるかどうかを重視する業者は走行距離を重視したり、とにかく人気車種に絞って販売しているような業者では年式や走行距離にかかわらず人気モデルを比較的高く買い取っていただける業者もあります。
このように同じ車でも中古車買取業者によって査定の価格が変わることは普通ですのでなるべくたくさんの業者に査定をお願いするほうがいいでしょう。

下取りよりも中古車買取サービスの方がお得?

車を売りたいときに、売る方法は大きく分けて2つあります。1つは「下取り」であり、ディーラーで新しい車を買うときに、今乗っている車を引き取ってもらい、その車の価値に金額をつけ、その分購入する車の金額から引いてもらう方法です。そしてもう一つの方法は中古車買い取り業者に依頼する方法です。買い換えるときや、もう車が不要になったとき等、とにかく車を単純に売る手段です。この2種類の方法はどちらにもメリット、デメリットはありますが、どのくらいの金額で売れるか、という点では下取りよりも買い取り業者に販売するほうが約10万程高く売れるといわれております。これは、買い取り業者の場合、とても大きい中古車市場の中で買い取ると同時に売れる見込みも調査した上で査定の価格を決めるので、在庫をかかえるための経費を削減することができるため、その分を還元することができるからです。

下取りと中古車買取サービスのどちらを選択すべきか

このように、車を販売するためには、下取りを利用するか、中古車買い取りサービスに依頼するか、選択する必要があります。当然、ただ売るだけの時は中古車買取サービスに依頼することになりますが、車を買い換える場合はどちらの手段もありますので選択が必要になります。
結論からいいますと、金額面では中古車買取サービスに依頼するほうが得といえますが、一概にどっちがいいとはいえず、ケースバイケースの選択が必要といえるでしょう。それは、確かに金額面では中古車買取サービスの方が有利ですが、下取りの場合が有利になるケースもあります。それは、車を新しく購入するとき、ディーラー側がその車をどうしても販売したいときの場合、予算の折り合いがつかない金額幅を強引に査定の価格で調整してもらえる場合もあるからです。